スペシャル記事

【JJツアー】相乗りツアー3ヵ所巡りを体験!
野柳&十分&九份を半日で攻略しちゃいました~♪

2018-01-02 00:00:00

こんにちは、台北ナビです。
台北ナビ15周年を記念して、11月24日に読者の方々を無料招待した「【JJツアー】相乗りツアー」。クチコミで人気の【JJツアー】の魅力を知るべく、台北ナビスタッフも社員旅行を兼ねて参加させていただきました。
久しぶりの社員旅行にナビスタッフも楽しい時を過ごせました。そして、【JJツアー】の至れり尽くせりのサービスは、相乗りツアーでも健在。この相乗りツアーで【JJツアー】の快適さを体験し、個人でチャーターする方も出てくるのでは?と感じましたよ~。
それでは、どんな旅になったのか見てみましょう!
【JJツアー】相乗りツアーで台湾の人気観光地九份/十分を効率よく回ろう♪ おひとり様でも利用可能なツアーが誕生しました!

MRT「東門」駅出口3前集合

このツアーの集合場所は永康街への最寄り駅であるMRT「東門」駅です。ツアーの集合場所としてはあまり馴染みのない場所なので、うっかり台北駅の東三門へ行ってしまいそうになっているナビスタッフも多かったんです。しかし、記事をきちんと読んでくださっていた読者の方は問題なし!皆様、集合時間に遅れることなく集まってくださっていました。
3ヶ所巡りの集合時間は13:20。ナビスタッフは12時までの業務を終え、バスに乗車し集合場所へ向かいました。本来なら鼎泰豐でゆっくりご飯でも……と思っていたのですが、もちろん間に合わず……、蔥抓餅の列に並ぶ時間もなく……。ナビスタッフがよく食べるという燒臘店のお弁当を集合場所で立ち食べする始末でした。お行儀が悪かったのですが、お肉がおいし~♪今度はゆっくりお店で食べたいな!
(跡継ぎが見つからず、2017年12月30日をもってお店をたたみました……涙)

永康街燒臘店(元:太興燒臘)がなかなかイケる~☆

参加人数によって、案内車が異なりますが、今回は7名以上だったので、観光バスに乗って出発です!観光バスの場合のみ、運転手さんのほかにガイドさんが同行してくれます。今回は、ガイドさんのほかにお助けスタッフとカメラマンスタッフが同行。彼ら3人とも日本語が通じたので、分からないことがあればすぐに色々聞けてなかなか便利でした。
今回ガイドを務めてくださった沈さん。観光スポットについての知識はとっても豊富だったようですが、たまにちょっと理解できない日本語も飛び出していたのはご愛嬌。これこそが台湾人!という人の良さはとても伝わってきました。

日本語でのガイド!

いつも笑顔で親切な対応!ありがとうございました

風がビュンビュン吹き荒れる「野柳」!でも、奇石を前にしたらテンション↑↑↑

当日は小雨が降る生憎のお天気。野柳地質公園は海岸沿いなのでさえぎるものもなく、強い風が吹きこみます。想像以上に寒いのですが、ナビスタッフ達は「奇石群が何に見えるでしょうクイズ」を楽しみだしたところから、体温もテンションも上昇↑↑↑。最後はコートを脱ぎたくなるくらい、楽しんでしまいました~。

ナビスタッフ、写真を撮りまくり!

女王頭のまねをして写真をパチリ


ナビスタッフの中で以前訪れた者が、「ゴリラ石」はこの角度から見て!「台湾石」はどこか見つけ出せる??など、さながらナビ専属ガイドさんのようになってくれて色々教えてくれたので、ガイドさんの説明を聞かずとも楽しんだナビスタッフ一同。
しかし、もし初めてこちらを訪れるなら、入口入ったところにある案内表示をまずは携帯の写真に収めることをおすすめします。ここに奇石群の説明が写真入りで載っているんです。これを参考にして押さえるべき奇石を見れば間違いなし!

この地図があれば、滞在時間が短くても野柳を満喫できますよ~!

秋吉台国定公園と姉妹公園になっていました!「秋芳洞」の入洞券を野柳の窓口で提示すると半額になります♪

台湾の形をした石!

雞腳(ニワトリの足)に見える岩を発見!

林添禎さんは、海に落ちた学生を助けた後、命を落としました。「自分の身は省みず人を助ける精神」は教科書にも載ったほどです

ゴリラが横を向いているように見える石は「林添禎さんの銅像」を少し越えた高いところから見るのがおすすめ!あまり近くから見るとゴリラ感は薄れますよ~!

列に並ばず後ろから見ましたが、やはり列に並んだ方が美しいお姿を見られそうです~


さて、ナビは野柳へ来るのは人生で3度目。だから、もう一度見たい石だけに絞って巡ってみました。野柳の看板奇石である「女王頭」は、列に並ばず遠くから鑑賞。首が訪れる度に細くなっているので、本当にここ数年で折れてしまうのでは?と心配でなりません。
そのほか、ナビは地図に載っているものだと「仙女靴」「冰淇淋石」「燭台石」、そして豚の鼻に見える奇石がお気に入り~♪何度見ても本当にそっくりで見入ってしまいます。

豚鼻ちゃん!キュートすぎ~♪

サンダルに見えますよね~!

この日は寒かったけれど、これを見ているとアイスクリームが食べたくなりました~

ロウソクが3本仲良く並んでいるかのよう!

タピオカミルクティーのおもてなしに癒される~☆

バスに戻ってきたところで、タピオカミルクティーの嬉しいプレゼントがありました!チャーター車を利用された方のクチコミで見ていた通り、野柳へ寄るとタピオカミルクティーがサービスされるようですよ~。得した気分!
しかも、今回は台北ナビ15周年の特別ツアーだからと、いつもは1つだけのところ、マンゴーゼリーやヌガーが挟まっているネギクラッカーもプレゼントしてくれたのです~。どれもこれもおいしくてニンマリ!でもそれ以上に「台湾のおいしいものをもっと多くの方に知ってもらいたい」というその思いにナビは嬉しくなりました♪

バスに戻ってきたらプレゼントがサーブされましたよ~!

今回だけの太っ腹プレゼント♪

「十分」も雨だった……雨の中でも力強く天に舞うランタン!!ナビの願いもかないますように……

十分に到着してビックリ!!線路の中も外も人、人、人!!!金曜日の十分ってこんなにも人が多いのですね……。JJツアーでは契約しているお店があるので、ランタンをあげた後にトイレを気軽に借りられますよ~。ちょっとしたことですが、助かりますよね!

ランタンフェスティバルの日と同じくらいの人がいるのでは!? 

ランタン購入のお手伝いもしてくれましたよ~


ナビ一行は10人で1つのランタンを放ちました。健康を願い、金運がよくなり、ダイエットも成功し……とみんな欲望の限りを書いたわけですが……。
唯一会社のお金を管理する経理さんだけは「ナビの業績が2200万を突破しますように」と会社のために願いごとを書いていましたよ~!さすが♪
みんなで記念写真を撮り、ランタンに火を点したらぷくぷくと膨れあがります。ランタンがパンパンになったところで手を離すと……ゆらゆらと天へのぼっていきました。これには感動~。ランタンフェスティバルでもないのに、多くのランタンと一緒に空を舞ってゆく様子はかなり幻想的ですよ~!

雨なので速度は遅かったですが、確実に空へのぼっていくランタン

わ~い!ランタンがのぼってゆく~~~~!!

ランタンをあげたら、線路で記念写真も忘れずに♪

汽笛が鳴ったら、線路脇へ避難!列車がスレスレのところを走っていくのはスリリング~!

その後つり橋に寄ってバスへ戻ります。つり橋の向こうまで行って戻ってくるということだったので、ナビは橋を渡らず、つり橋周辺で写真を撮っていました。
すると、JJツアーのスタッフさんが「実は橋の前で写真を撮るといい感じになるよ!」と教えてくれました。それはランタンが描かれた壁。つり橋からライトが当たって、何ともかわいく写真が撮影できるんです!

もちろんつり橋を渡ってから記念撮影するのもアリですよ~

つり橋の入口にいい感じの撮影スポットがあるんです!

みんなで写真をたくさん撮りました♪

ナビ社長もノリノリ~♪

十分駅(新北市) 九份だけじゃない!台北郊外の観光スポット「十分」で天燈上げと自然を満喫しよう!

赤い提燈が灯る「九份」の階段は上るより下れ!

十分の人の多さにビビリながら「九份」に到着したナビ一堂を迎えてくれたのは、満車で中へ入れない駐車場……涙。駐車場へ入るためだけに30分も待ったのです……。九份の人気、恐るべし!!
九份老街の入口はセブンイレブンと言われますが、ツアーバスは交通規制がかかりセブンイレブンまでのぼることができません。週末だと、一般の車でさえあがることもできないのだとか。 というわけで、派出所辺りから「豎崎路」の階段を上っていくのですが、もうここから小渋滞。赤い提燈が灯り始める「昇平戲院」前の広場まで途中止まりながら20分ほどかかりましたよ~!

バスだらけの駐車場

この派出所の手前にある階段が「豎崎路」

デッカイ猫ちゃんを右手に見ながら階段のぼりにいざ挑戦!

下はまだ提燈がなく、ひたすら階段をのぼっていきます

上の方に赤く灯った提燈を発見!もうすぐ昇平戲院前の広場に到着~☆

やっとの思いで到着した「昇平戲院」前の広場には、九戸茶語の名前が入った朱色の提燈がずらりと灯されていて、それはそれはすごい人!ここから階段の写真を撮る人で大混雑しています。

もう充分満足~!と思わせてくれるほど美しい☆

豎崎路の階段は人でごった返していて、階段をのぼっているうちに集合時間が来てしまいそうで、ちょっと尻込みしているナビスタッフに、ナビのとっておきの秘策を教えました。
まず、九份の地図を広げてみてください。多くの店がひしめく「基山街」が老街のメインストリート。この道に平行しているのが、「昇平戲院」前の広場がある「輕便路」です。赤い提燈で有名な「豎崎路」の階段はこの2つの道を結ぶ階段の1つ。地図によっては書かれていないのですが、実はほかにも「基山街」へと続く階段はいくつかあるのです。
メイン階段はのぼりが特に混むので、まずはほかの階段で「基山街」まで到達しておき、赤い提燈は下りながら楽しむのが◎なのです。

水心月茶坊を越えると左手に階段が見えてきます!

階段途中には昔の九份を表現したアートが大きく飾られています。台湾人スタッフにはお弁当を食べているのがツボだったよう

展望台からはこんな景色が見られました

台湾人スタッフのお目当ては「阿蘭草仔粿」!到着後すぐ向かうも、シャッターがほとんど閉まっていたんだそう。そう、九份の夜は赤提灯が灯って美しいのですが、老街のお店は案外早く店じまいしてしまうんですよね……。
ナビは展望台横の「山海觀茶坊」で個人鍋を食べました。店名から素晴らしい景色が見られると期待したのですが、生憎の雨&ガラスが汚く景観は楽しめなかったのは残念。お食事後、はもうすっかり人も少なくなって、階段で写真も撮り放題!その後集合場所へ集合時間ギリギリに到着し、今回のツアーを終えました!

ナビ4人組はこの席へ

肌寒い日だったので、火鍋が食べられて幸せ~♪

かわいい器が種類、色豊富に取り揃えていますね~

金魚ちゃんティーバッグが約倍額の金額(1つ200元)で売られていました!!これにはビックリ!!

革製品のお店でミニオンズ発見!なかなか上手でした~♪

がーん!ゆっくりしすぎたのでしょうか……階段の上の方はもう提燈が灯っていません……

でも、阿妹茶樓は真っ赤な光に包まれていました~。良かった!!

個人的に阿妹茶樓よりも写真が撮りやすくて好きな九戸茶樓

床に反射している提燈の光にも心奪われました♪

九份観光のおすすめスポット 九份のすべてがここにぎゅ~~~と凝縮されています!

今回は半日で3ヶ所を巡るツアーに参加しましたが、ちょっと早足感は拭えません。でも、「もっと見たい」「心残りがある」という気持ちが出てきて、次もまた来ようと思わせてくれたのも事実。まさかそれを狙って時間設定をしているのかな?
そしてナビ一行、JJツアーさんのツアーがなぜこんなにもクチコミで人気になったのか分かった気がしました。例えば、参加者が困っていそうだなと思ったら、率先して声をかけてくれます。色々遠慮してしまう我々日本人だからこそ、こういう気持ちが心に染みますよね。しかも、押し付けがましくなく、さらりと自然にもてなしてくれましたよ。ひとつずつはなんてことない小さなサービスですが、それが積み重なると忘れられない思い出になるような……。そんな温かい気持ちになれるツアーなのだなぁと感じました。

記念写真のお手伝いも積極的!

ナビ一同楽しい思い出ができました~!JJツアーのスタッフの方々、ガイドの沈さん、ありがとうございました!!

以上、友人にもJJツアーのチャーターやツアーをおすすめするぞ!と思っているナビがお届けしました。