スペシャル記事

Cho cafe

2017-11-03
西門紅樓の近くに、素敵なリノベカフェを見つけました。入口は古びた引き戸になっていて、一見、カフェとは思えません。壁には「町記憶旅店 CHO HOTEL」の文字。実はここ、ホテル併設のカフェなんです。
戸を開けると、レトロな応接セットとフロントがあり、その奥に「Cho cafe」の看板が。カウンターの中で、バリスタが黙々とコーヒーを淹れています。小さなカフェですが、ここのバリスタ(咖啡師)とロースター(焙豆師)は毎年、さまざまなコーヒー大会で入賞している実力派。自分たちで焙煎した豆を使い、一杯一杯、丁寧に淹れてくれます。
コーヒーがおいしいのはもちろんですが、カップやグラスがおしゃれな点も見逃せません。ラテアートも美しく、コーヒーを目でも楽しめるんです。バニラアイスにエスプレッソコーヒーをかけるアフォガードもオススメです。
お店の奥には小部屋のような空間があり、レトロなソファや椅子が置かれています。まるで昭和時代の居間のような雰囲気で、ここで中庭の緑を見ながらコーヒーを飲めば、日常の煩わしさも束の間忘れられそう! 西門町の賑やかさとは一線を画した静かなカフェで、優雅なひとときを過ごしてみませんか。