スペシャル記事

クンホテル国際館(KUN酒店 国際館)(台中市)

2017-10-06

こんにちは、台北ナビです。
台中の「逢甲エリア」に位置するビジネスマンに人気のホテル「クンホテル知客館(KUN酒店 知客館)」に2017年8月13日、2号館的存在の「クンホテル国際館(KUN酒店 国際館)」がオープンしました。
と言っても、建物は真横に建てられていて、ロビー、フロントも共通。今まで以上のサービスを受けられるようになりました。
それでは、新しい「クンホテル」をご紹介しましょう!

オーナーは大の日本好き!だから、ホテル内には日本っぽいものがこっそりありますよ。緑のカーテン的役割をしている植物は目隠しにもなっていて、雰囲気作り&機能性もあり♪

ビジネスに、観光に、便利な立地!

ホテルのある西屯區には、「臺中國家歌劇院」「秋紅谷公園」などの観光スポットや、「新光三越」「大遠百」などのデパート、観光地にもなっている「東海大學」、そして忘れちゃいけない「逢甲大學」があり、旅行者にもおなじみのエリアです。実は工業区でもあり、ビジネスマンも多く訪れる場所。
だから、バスの本数やルートも多いんです。しかも台中のバスは、電子カード(悠遊卡や一卡通)を使って乗車すれば、10km以内なら無料。ホテルまで、台鉄「台中」駅、台中空港からだと、約30分、高鉄「台中」駅からだと約15で到着するので、他県からのアクセスも悪くないですよ!

まるで洞窟にいるような曲線に覆われている「台中国家歌劇院」

都会に突如現れる緑のオアシス「秋紅谷」

「東海大學」にある路思義教堂は台中のシンボル!

日本食が恋しくなっても大丈夫!炭火焼焼肉が楽しめる定食屋さんや、日本で食べるラーメンの味がするラーメン屋さんも歩いて1分以内にあります♪

どちらも味は結構本格的!おいしいですよ~

ホテルの近くには全聯があるので、お土産の買出しも便利!


そして、ホテルから「逢甲夜市」へは徒歩約3分。夜市圏内にあるホテルはその喧騒が気になりますが、ここは適度な距離があるので、ホテルは静かそのもの。そして夜市へ行く時には、ホテルオリジナル夜市のオススメマップをお忘れなく。こちらのホテルには逢甲エリアで育ったホテルマンが多く在籍し、地図にはそんなスタッフのオススメが詰まっています。

マップにも載っていない情報はスタッフに聞いてみてください!親切に、熱く教えてくれます

何度来ても楽しめる「逢甲夜市」

ホテルオリジナルのマグカップがキュート❤


スタイリッシュなデザインの「クンホテル」ですが、オリジナルで作っている笑顔のキャラクターは実にかわゆい。部屋のマグカップはすべてこのオリジナルマグカップですよ~。
また、「知客館」のシャンプー&ボディソープは備え付けでしたが、こちらはお持ち帰りOKな旅行セットになっていましたよ!

バスルーム&アメニティ

洗面台

全室ウォシュレット!

ガラスでトイレとシャワーブースが区切られています

上山採藥のボディーローション、ボディソープ、シャンプー

歯磨きセット、櫛、シャワーキャップ、レザー

せっけん、綿棒

歯磨き用グラス

ドライヤー

滑り止めマット

バスマット

バスタオル、フェイスタオル

クローゼット&ベッドルーム

暗号式のセーフティボックス

ランドリーバッグ、靴べら、靴みがき

ちょっぴりふかふかのスリッパ

クローゼット

ハンガー

バゲージラック

ミネラルウォーター

インスタントコーヒー、2種類のティーバッグ

ポット

ティッシュ、鏡

レター

ホテル情報の中にテレビのチャンネル情報も!第四台(ケーブルテレビ)が楽しめます

NHKも見られますよ~!

冷蔵庫の中のドリンクはサービスです!ご自由に

この空調は冷暖房完備!このクラスで暖房もあるのはかなりレア。助かるな~♪ 

掃除が必要かどうかは室内からボタンひとつで意思表示!

こんな風に外に表示されます

ベッド脇のランプ

電話とメモ帳がベッド脇にありました

オレンジ色のアクセントクッション

採光のよさはそのままに、バスタブのあるお部屋も登場!

知客館は全室バスタブがありませんでしたが、「国際館」にはバスタブが設置されているお部屋もあります。これは、お風呂に入る習慣のある日本人宿泊客からのニーズにこたえたものなのだとか。また、知客館同様、全室ウォシュレット完備!ウォシュレットがないとだめなんです……という声は、台北ナビにもよく届くので、嬉しいサービスですよね!
では、1部屋ずつタイプ別に見ていきましょう!
※各部屋、エキストラベッドの追加はできません。

Standard Double Room(スタンダードダブルルーム/經典客房)5坪 画像参考:2706号室
最もベーシックなお部屋。今回ナビはこのお部屋にひとりで宿泊してみました。
150×190cmのダブルベッドがひとつ置かれているのですが、ドアを開けてすぐベッドが丸見えにならない設計がいい!また、一見狭いかな?と心配しましたが、オープン式ですがクローゼットもありますし、スーツケースを広げられるスペースもあるしで、実際宿泊してみると狭さは一切感じませんでした。ひとり旅ならゆったりと過ごせると思います。
仲良しでスマートなふたりの旅なら、このサイズのベッドでもいいかな?太っちょナビにはちょっと厳しそうだけど……。

ベッドの足元にカウンターやバゲージラックがあって、ちょっとした荷物はここに置いていました

1人なら充分な大きさ!

ちょっとした出っ張りを上手にオープン式クローゼットとして利用しています

デスク

天井も高く開放的!

ウォシュレット

水の勢いもよかったシャワー

シンプルな洗面台も使いやすい!


Twin Room(ツインルーム/雅緻客房)6坪画像参考:2311号室
105×190㎝のシングルベッドが2台横に並んでいるお部屋。2人旅行ならやっぱりこのお部屋がいいですよね。
そしてこのお部屋タイプには浴室にバスタブがありますよ~♪お湯に浸かって、夜市で歩き疲れた身体を癒せます。

ちょこんと並んでいます

デスクは若干広くなっています

窓側からお部屋をのぞいてみました

バスタブは…

きちんとガラス戸で区切られています!

ウォシュレット


Triple Room(トリプルルーム/尊爵三人房)7坪画像参考:2701号室
150×190cmのダブルベッドと105×190㎝のシングルベッドが1台ずつ置かれた3人まで宿泊可能なお部屋。館内、最も部屋数の多いお部屋タイプでもあります。
小さなお子様と添い寝ができるので、そういう旅にぴったりのお部屋かなぁと思います!
※このお部屋タイプは、ベランダがついているものもあります。希望される方は予約する際にその旨をお申し付けください。

シングルベッドとダブルベッド

窓とベッドの間に広めの空間があり、ここで荷造りなどができそう!

デスクはドアを開けてすぐのところにあり、オープン式のクローゼットが横に!

浴室


Family Room(ファミリールーム/KUN家庭客房)10坪画像参考:2705号室
ドアを開けるとソファーとミニテーブルが置かれているお部屋。
150×190cmのダブルベッドが横並びでなく、縦並びになっています。シングルベッドでこの並び方は何軒か見たことがあったのですが、とても珍しい!また、浴室にはバスタブがついています。お部屋の名前のとおり、家族連れにオススメしたいお部屋です。
※このお部屋タイプは、ベランダがついているものもあります。希望される方は予約する際にその旨をお申し付けください。

ダブルベッドが2台このように並んでいます

快適な空間

ここでくつろげます

かなり広いベランダがありました!でも、全館禁煙となっています

デスク等はトリプルルームとほぼ同じです

浴室もほかのお部屋に比べてゆったり!

バスタブありがやっぱり嬉しい♪


Impediment Removal Room(バリアフリールーム/友善客房)10坪画像参考:2803号室
車椅子の方などが宿泊できるようにと設計されているお部屋。浴室へのドアは引き戸。浴室内は取っ手がたくさんつけられています。
また、これはほかのホテルではあまり気づかないことだけど……と教えてもらったのが、ドアノブの位置。ちょうど太ももの位置につけられているんです。車椅子に乗っている方には、この高さが一番開閉しやすいのだとか。

150×190cmのダブルベッドと105×190㎝のシングルベッドが1台ずつ!

ドアノブはこの高さ!

車椅子でも使えるように、幅の広いデスクを採用

浴室には取っ手がたくさん!

トイレ

シャワーブースも広い!

シャワー用の椅子

引き戸のドア

付帯設備

【1F】

商務中心(ビジネスセンター) 24時間


知客館側にある「ビジネスセンター」には、パソコン2台とスキャンもできるプリンターが2台あります。
5枚までなら印刷無料という嬉しいサービスもあります。

茶水間にはウォーターサーバーがあり、ティーバッグやインスタントコーヒーも無料で提供されています

MOVENPICKは有料! 食べたい方はフロントまでお声掛けください


DECO餐廳(DECOレストラン) 7:00~10:00
朝食を提供しているレストラン。大きな窓があり、そこから明るい光が燦燦と差し込んできます。席数も充分にあるので、順番待ちということもなさそうです。

明るい空間!狙うは窓際♪

ベビーチェアーもあります

席数たっぷり

お料理はお粥、トーストなどの主食に、中華系の味付けが施されたおかず、サラダ、デザートなどが並びます。おかずが少なくなってきたら、早めに補充してくれましたよ。

ずらりとおかずが並びます

野菜炒め

お肉料理

サラダ。トマトはフルーツコーナーにありました!

デザートに愛玉!

挽きたて豆のコーヒーが朝から飲めます!


【9F】  ※9Fへは直通のエレベーターはありません。8Fまでエレベーターで昇り、階段で1階あがってください。

露天KUN吧(スカイラウンジバー) 15:00~22:00

ソファー席


テーブル席、ソファー席が並ぶバー。バーと言っても、飲み物や食べ物が提供されているわけではありません。屋上の心地よい空気を宿泊者にも味わってもらおうと開放されています。
食べ物や飲み物などを持ち込めますが、アルコールが含まれるドリンクは持ち込めません。お気をつけください。
※雨天時は開放時間が変更されることもあります。

テーブル席

しっかりしたテーブルです

昼、黄昏、夜と移りゆく町の様子を眺められます


健身房(ジム) 15:00~22:00
こぢんまりとしたジム。マシンが数台置かれています。ジムの外にはタオル、ミネラルウォーターが準備されているので、必要な方はご自由にどうぞ!

マシンが数台

横になってゆっくりできます!

タオルとミネラルウォーター


SPA池(プール) 15:00~22:00
小さめのプールですが、120cmと深さはばっちり!夏はプールとして、冬は大浴場として利用できるように、冬は水を温かくするそうです。水着、スイミングキャップを必ず着用し、ご利用ください。
ラウンジの方へ行くと、シャワー付きトイレがあり、ここで水着に着替えたり、シャワーも可能です。

泡がぶくぶく!

シャワーブースで着替えやシャワーを!


建築業に長く携わってきたオーナーが作ったホテルだから、ハード面はもちろん文句なし。そして、スタッフの仲のよさ、優秀さもなかなかいいなと思いました。何か困ったことがあったら、いつでも頼りにできる!そういう安心感ただようフロントでしたよ!
以上、逢甲夜市の美食をぜ~んぶ試してみたいナビがお届けしました。

ロビーは天井が高くて開放感あり!