トップページ 国立自然科学博物館車籠埔断層保存園区

国立自然科学博物館車籠埔断層保存園区

車籠埔断層保存園区は国立自然科学博物館により建設され運営されています。科学博物館の人類学組により発掘が行われ、ワールドクラスの断層が発見されました。その後、民国102年5月1日に正式に開館となり、近隣する鳳凰谷鳥園生態園区や921地震教育園区と共同で完全な地質と自然生態園区を完成させました。当園区は、車籠埔断層地質断面の景観を保存する、地震と地質及び環境生態科学知識を伝える、国内外の地質関連の研究を継続しサポートする等の重要な役割を担っています。

お店情報

断層槽溝保存館
トラフは断層を研究するために最も重要な方法です。地質学者はトラフの断面を研究することによって、古い地震の発生状況を知ることができます。

電磁視界
電気は私たちの生活で欠かすことのできない重要なエネルギーです。それはどのようにして発見されたのか?また、どのようにして私たちの生活に溶け込んでいるのか?電磁視界を訪れて探索をしましょう!

地質科学庁
921地震は近年台湾に最も重大なダメージを与えた地震の一つです。この地震を引き起こした主な理由は車籠埔断層が幾度となく動いたことでした。

儀震天下
台湾は頻繁に地震が起こる島です。400年にわたって文字及び計器による記録が蓄積され、豊富な学術資源を残しています。

住所 557台湾南投県竹山鎮集山路二段345号
電話 049-2623108轉105
営業時間
備考 ⮚ 開放時間:火曜から日曜の09:00~17:00 (16:30以降は入場不可)
⮚ 月曜休館(冬休みと夏休み、国定の休日、振替休日は通常通り開放)
⮚ 旧暦の大晦日は休園

施設の所在地&地図


Related link