お店情報

台北市児童新楽園の前身は圓山にあった台北市立児童育楽センターです。2006年4月11日、児童育楽センターは、地域全体が国定遺跡に指定されたため、開発、更新、運営などの面で大きく影響や制限を受けるようになりました。

 

この局面を打破すべく、市政府は士林区に台北市立児童新楽園(約5ヘクタール)を建設し、付近の台北市立天文館、国立科学教育館、美崙公園、双渓水域も合わせて整備し、教育とレジャーと文化的要素を兼ね備えた都会型親子レジャーエリアを作り出しました。

 

周辺に天文館、科学教育館、美崙公園、河浜公園があることから、児童新楽園敷地内のアトラクション設備に限らず、周辺スポットも含めて、学びあり、自然との触れ合いありの多様な遊園地になっています。

 

(参照:台北市児童新楽園公式ウェブサイト)

地図

台北市児童新楽園
台北市立の児童パーク。敷地は約5ヘクタールに達し、園内は有料・無料の遊戯施設や遊び場があり、児童劇場では休日になるとステージで公演が鑑賞できる。晴天・雨天を問わず、親子で楽しめる遊園地だ。
店家資訊
住所 台北市士林区承德路5段55号
電話 02-21812345
営業時間
参考ウェブサイト

타이베이시 아동 신락원 (어린이 놀이공원 )