トップページ 新北市立十三行博物館

新北市立十三行博物館

十三行博物館は台湾で最初の考古学博物館であり、国の二級遺跡「十三行遺址」を保護するために建設されました。十三行文化は北台湾地区の鉄器時代の文化であり、今からおよそ1800〜500年前の文化です。ここで生活していた人々は現在台湾で唯一製鉄技術をもっていたことが分かっている先史時代の居住民となります。十三行博物館には遺跡から出土した各重要文物の常設展、特別展示ホール、考古学学習体験ルームなどがあり、十三行文化や圓山文化など昔の台湾の遺跡や歴史背景を詳細に紹介しています。(一部の資料元:臺北旅遊網)

お店情報

十三行遺址は今からおよそ1800〜500年前の台湾先史鉄器時代の文化を保護しており、考古学専門家の研究によると、その時代の人々は平埔族の中の凱達格蘭族と関係があることが分かっています。1998年(民国87年)、政府は十三行遺址の地を「十三行博物館」とすることを正式に決定しました。博物館はかつての遺跡を保護及び展示しており、先史時代の貴重な遺跡を旅行客の皆様に紹介することを目的としています。このほか、時光空橋を設立し、不定期で各種特別展を開催しています。旅行客の皆様が淡水河岸で休憩する際に、時代を超えて十三行文化を体験していただくことを目的としています。

 

当博物館は皆様に興味を持っていただけるよう遺跡で発見された十三行文化を詳細に紹介しており、旅行者は十三行の人々が1000年前にどのような生活を送っていたかを知ることができます。同時に、不定期で特別展を開催しており、時に淡水河で発展した歴史の足跡を紹介したり、時に科学教育としての意義がある考古学探索を行っています。特別展はリラックスして楽しく参観でき、娯楽としてだけでなく、豊富な知識を得る場としてもご利用いただけ、子どもが歴史に興味を抱くきっかけにもなります。

 

(一部の資料元:台北旅遊網 /交通部観光局)

住所 新北市八里区博物館路200号 新北市立十三行博物館
電話 02-26191313
営業時間
備考 ※開放時間:
・一般開放時間

✔︎月曜から金曜 09:30-17:00

✔︎土曜から日曜 09:30-17:00

・夏季延長開放時間(4月から10月)

✔︎月曜から金曜 09:30-18:00

✔︎土曜から日曜 09:30-19:00

・休館時間

✔︎毎月第1月曜(第1月曜が国定休日だった場合は通常通り開放し、翌日を休館日とします)

✔︎旧暦の大晦日及び元旦

✔︎政府が発表した自然災害による休業日

✔︎その他の休館日については別途告知します。

・2019年(民国108年)の休館日

✔︎1/7、2/4(旧暦の大晦日)、2/5(旧暦の元旦)、2/11、3/4、4/1、5/6、6/3、7/1、8/5、9/2、10/7、11/4、12/2

施設の所在地&地図