お店情報

淡水の夕日は日本の旅行雑誌『TRiPORT』で世界の美しい夕焼け10選の第2位に選ばれたことがあります。

また、百年前の淡水河は国際貿易港で、千トン級の貨物船が停泊していました。

大航海時代にはスペイン、オランダ、イギリスなどから外国人が訪れ山河の景観を楽しみました。

現在は台北航運(遊覧船)が淡水老街と漁人埠頭の間を定期運行しており、思わず「ここだ」と感嘆の声が漏れることでしょう。

(淡水を宣教の地とした馬偕(マッカイ)博士は、船で淡水河口へ入った時、眼前に広がる緑の山々を見て、"ここだ"と感じたと伝えられています)

(参照:台北航運/淡水漁人碼頭)

営業時間

open:4月-10月11:30-18:20,11月-3月10:30-17:00;月曜・火曜定休,国定休日は除く船路は天候の影響あり,出発前にオフィシャルサイト要確認 く。

地図

台北航運
淡水で人気の淡水と漁人ハーバーを結ぶ渡し船。 黄昏時なら、河口に沈む真っ赤な夕陽を拝むことができる。 台湾を代表する夕景の名所だ。(淡水漁人碼頭)
店家資訊
住所 淡水客船EFハーバー・漁人ハーバー藍色公路5号ハーバー
電話 平日 02-2809-2111#765~#766 假日:02-2805-9022
営業時間
参考ウェブサイト

www.csgroup-bus.com.tw/cruise