トップページ Eチケット

淡水古跡博物館 大人入場券

  • Eチケット番号:ST2447223813
  • 施設の所在地&地図: 新北市
  • 有効期限:2019-06-20 11:10 ~ 2028-12-31 23:59
お気に入り
143 見た / 1 お気に入り

淡水古跡博物館は紅毛城およびその周辺の歴史建築群より構成される。本券で淡水紅毛城・小白宮・滬尾砲台の3か所が参観可能。途中異国風情たっぷりの散策ができる。

Eチケット内容

山の上に赤レンガの城が屹立し、遠く淡水河の河口が見渡せます。赤レンガに白い回廊が映え、太陽の下に優雅なアーチの影を作っています。城壁の向こう側は100年の歴史ある砲台です。淡水紅毛城、小白宮、滬尾砲台が歴史の趣を演出する淡水の街は、そぞろ歩きにぴったりです。

300余年に渡って淡水に屹立する紅毛城は、台湾に現存する歴史的建築の一つで、国定古跡に指定されています。城の形態を持つ主塔や、洋風建築の領事館、清朝時代の城門.南門などがあり、軍事防衛、領事館、地下牢などの機能を兼ね備えています。紅毛城前広場は、紅毛城の絶好の撮影スポット。淡水河や観音山も望めます。淡水八景の一つ「戍台夕照」(紅毛城から眺める夕日)はまさにここからの景色。きらめく夕日は必見です。

前清淡水関税務司官邸は100年以上の歴史があり、目を引く白い洋風の外観から、別名「小白宮」とも呼ばれています。見所は整然と並んだ「半円型アーチ」。日の光が降り注ぐと、白い建物は一層白く優雅に見えます。このシンプルなスペインコロニアル様式の白い建物はオレンジ色の屋根とのコントラストが青い空に映え、アーチ型回廊もロマンチックな雰囲気を添えています。

滬尾砲台は高所にあり、頑丈な建材で壮大な砲台が造られています。19世紀の戦争時や駐留軍にとって有効な要塞であり、また清代における台湾の現代化においても重要な海防施設でした。

【アクセス情報】

MRT淡水駅から857、紅26、836番のバスで上記3か所のスポットに行くことができます。

(参照:新北市観光旅遊網)

使用方法

  • 入口でおQRコードをタッチ後入場

注意事項

  • 開館時間:月曜〜金曜9:30~17:00(16:30最終入場)、土曜、日曜9:30~18:00(17:30最終入場)
  • 休館日:毎月第一月曜(祝日の場合は順延)、旧暦大晦日及び元旦、悪天候による登校・出勤停止警報発令時、その他臨時休館の際は公式ウェブサイトでお知らせします。お出かけ前にご確認ください。
  • 人気のチケットが未使用である場合は、「Taipei Fun Pass北北基おもしろカード」の公式ホームページかAPPに接続するか、またはメールにてご連絡いただくことで返金の手続きをすることができます。なお、返金の際に商品販売価格の10%を処理費用として徴収いたしますので、この点につきご了承願います
  • 当システムには注文を修正する機能はございません。もし人数を変更したい場合は、払い戻しいただき再度予約していただく必要がございます。

使用制限

※商品は2019年04月30日以前に使用する必要があります。

※本チケットは淡水紅毛城、小白宮、滬尾砲台に各一回ずつ入場できます。

旅行業者の名称:Fontrip Tech. Co. (Trust)
電話番号:03-5910052
Email:service@fontrip.com.tw
NT$ 80
購入
4.5
NT$ 80
購入